スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム制作用フリーソフト紹介/WOLF RPG Editor(ゲームエディタ)

ゲーム制作関連の使用ツールの紹介です。
まずは、ゲーム制作ツール
WOLF RPG Editor(うるふあーるぴーじーえでぃた、通称ウディタ)。

特色
・マップチップ、イベントを視覚的に配置できる
・文字を表示したり、ピクチャを表示して動かしたり、キー入力を受け付けて入出力したり。
 そういう、プログラムをイチから勉強すると苦労する部分をコマンドひとつで出来る。
・最初から「基本システム」というものが同梱されており、最低限の動作や素材は確保できる。
WolfRPGEditor1.png

・図の数字(1)コモンイベント、ゲーム中いつでも呼び出せる、または常駐、条件を満たしたら実行など
・数字(2)~(4) データベース3種(システム関連、設定用、ゲーム中に書き込み可の3つ)
・数字(5) マップをツリー形式で管理できる
WolfRPGEditor2.png

・コモンイベント、コマンドは日本語なので初心者には分かりやすい
・プログラムの知識は不要(変数、ループ、分岐の概念さえあれば、高度なことも可能)
WolfRPGEditor3.png

・テストプレイ中はデバッグウィンドウが出る。
 変数の推移やシステム情報などを確認しながら、プレイヤーと同じ条件でテストプレイできる。
WolfRPGEditor4.png

・マップチップや敵グラフィック・内部処理などは、自作してゲームを拡張することが可能。
 その気になれば、アクションやシューティングなども作れる。
・図は製作中のゲームです
WolfRPGEditor5.png

・製作中の3DダンジョンRPG、テストプレイ中の様子。
WolfRPGEditor6.png

ほんとうに何でも作れます、おすすめです。

Wolf RPG Editor 公式サイト
Wolf RPG Editor 公式サイト
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

お知らせ

記事移行完了

記事をFC2からcatgames.16mb.comへ移行完了しました。

このサイトは更新されません。

カウンター

2012/09~

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。