スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処理の重さについて

うちのPCはしょぼいです。
片道勇者のプレイ動画を見て、
「こんなにサクサク動くんだ!?」
と驚愕するぐらい。
なので、色々と頑張らなくてはテストプレイもままなりません。

現在、ゲームを800×600で作っていますが、
PCの縦画面サイズが600未満なので、若干見切れます。
でも、画面サイズは大きいほうが綺麗に描画できるんですよね。
フォントとか潰れなくて済むし。

そんなしょぼいPCなので、処理落ちは日常茶飯事です。
だからこそ、少しでも思い処理にすぐ気付けるのが利点でしょうか。
逆に、軽くし過ぎないように注意しなくてはなりませんが。


で、やっぱり並列処理は重くなりがちです。
まあ当たり前ですよね。メインに並行して処理をするわけなので。
環境によると思いますが、並列が多いとSEが鳴らない場合が発生するみたいですし。(詳しい条件は未検証)
エフェクトも出ないときがたまにあります。
だから、並列処理は「常に動き続けない」ように注意してます。


例えば、キー入力を見るなら「キーが押されるまで待つ」にするとか。
(ただし、並列の条件が終わっても入力を待っているので、その後始末は必要)
ピクチャを描画するのでも、一度描画されたら条件が変わるまで待つとか。
戦闘中や移動中で必要/不必要が変わるなら、起動条件でちゃんと切ってやる、とか。


あと、ウディタから話は逸れますが
GIGAZINEで何のソフトを入れているとWindowsが重くなるのかリストっていうのを見て
ウィルス対策ソフトは重くなるのが常識ですが、フォントってこんなに重くなるんだ!という感想を持ちました。
実際使ってないフォントって大量にあって、昔風の筆記体のアルファベットとか、まず使わないです。
こういうのを削除して200→20ぐらいに減らしてやったら、
ものすごく軽くなりました!


使ってないフォントの整理、オススメです。(ただし自己責任でお願いします)
Gimpの起動もすごく軽くなりましたし。
Gimpも、使ってないブラシとかパターンを減らすと軽くなりましたね。



ウディタでゲームデータを作るときも、
余計なものを入れないように気をつけたいものです。
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

お知らせ

記事移行完了

記事をFC2からcatgames.16mb.comへ移行完了しました。

このサイトは更新されません。

カウンター

2012/09~

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。