スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語

完全に言葉を排除したゲームならいいんですが、そうでない場合は必ずついてまわるのが言葉の問題。
正しい言葉遣いって難しいですよね。
ちょっと考えていることを書いてみました。

どちらかといえば理系の人間なので、間違ってたらごめんなさい。

ゲーム上での言葉の役割

1.プレイヤーに情報を伝える
2.雰囲気を盛り上げる

プレイヤーに情報を与えるといっても、方法は様々です。
ステータス画面だったり、世界観を伝えるためにキャラクターを会話させたり。
雰囲気を盛り上げるためにも、会話は必要です。
効果音を文字で表示するものもたまにありますね。


言葉の正確さ

ガチガチになる必要はありませんが、やっぱり誤字や誤用は避けたいものです。

まず誤字について。
キーボードで文字を入力する以上、よほど注意しないと誤字は出てきてしまうと思います。
例えば、

戦士「体力には自身があるぜ!」
学者「この戦いに勝つ確立は30%ですね」
ザコ「待て、オレの話しを聞け!話せば分かる!」
カバ「貴様らの内蔵を食い尽くしてくれるわ!」

など。


こういうのは注意していれば防げるものだと思っています。
上の文を読んでも何が間違いかわからない場合は、単純に知識不足ですね。
たつ(立つ、経つ、建つ、断つ)
など、同じ読みで意味が全く違うものは間違えやすいですよね。
あとは送り仮名とか。
変換して一番最初に出てきたものが正解でないことに注意したいところです。


次に誤用。
これは知識量の問題なので、勉強するしかないですけど。
例えば、

Lv1勇者「俺が勇者だなんて……。役不足だよ」
商人「荷物持ち係りという、汚名を挽回する時が来たようですね」

など。
誤字等の館というサイトが面白くまとまっていました。


スラングなど

人との会話で成り立つ言葉には流行り廃りがあります。
普通の話し言葉もそうですが、特にTwitterや2chなどで多く使われるスラングをゲームで使ってしまうのは考えものだと思っています。
例えば何気なくダウンロードしてきたフリーゲームのセリフに、

「喪前のような香具師は漏れに平服キボンヌ(核爆)」

とか書いてあったら、なんともいえない気分になりますよね。
懐かしいなーとか思って歴史を感じてくれるプレイヤーならいいんですけど、私はちょっと嫌です。
敢えてそういう演出というなら、それはしょうがないと思いますが。
なので個人的には、語尾の「www」などは避けるようにしています。


言葉の楽しさ

堅苦しいことをグダグダ書きましたが、結局は楽しければいいと思います。
ゲームですからね。
セリフのひとつひとつに敬語の厳密な使い方や語順なんかを気にしていると、
臨場感がなくなったり、楽しい掛け合いにならなかったりすると思います。

ただ、私みたいな口うるさい人間がプレイヤーとして存在していることも事実なので、
広く公開したい場合はそのあたりに気をつける必要もあるんじゃないかと思いました。


まとめ

結論のようなものは無いのですが、普段からこういうことを気にすることによって、
色々なスキルが上昇していくものだと思っています。
「テレビ(ネット)で見たから正しい」「歌詞にあったから正しい」などと盲信せず、自分で考えるのも重要ではないでしょうか。


このことを考える切っ掛けになったのは、公式質問スレでよく見る
「ご教授願います」
でした。
これも誤用とまでは言い切れないまでも、そこまで大仰な言葉遣いをしなくてもいいんじゃないかと感じます。「ご教示」ぐらいでいいんじゃないでしょうかね。
他にも、

・注意書きを読んで投稿しない
・問題を伝える文章が書けていない

など思うことが多少あったので、このエントリを書くに至りました。
たまには見に行くのもいいものです。
関連記事

Comment

Post a comment

非公開コメント

お知らせ

記事移行完了

記事をFC2からcatgames.16mb.comへ移行完了しました。

このサイトは更新されません。

カウンター

2012/09~

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。